2015年11月22日

2015年大相撲九州場所千秋楽

バナナくん06号

「優勝した気がしない」そうです。


十三日目、日馬富士公平が白鵬翔に勝って両者1敗で並んで、盛り上がってきたと思っていたら、昨日の十四日目は、白鵬連敗で、勢いに乗った日馬富士が1敗で、単独トップに。

日馬富士にも優勝の目が出てきたかなあ程度に思っていたら、一転して、がぜん有利になってきました。

ところが、今日の千秋楽。

日馬富士が、稀勢の里寛に完敗。

これだから相撲はわかりません。

まあ、稀勢の里は、自身に優勝がかかってるとかそんな状況だと、ガチガチになって力が出せなくなるのですが、背負うものがないと、こんなことになってしまうのです。

日馬富士はもっと警戒すべきでした。

で、その前に、2敗で優勝の可能性があった松鳳山裕也が負けて脱落しているのですが、

日馬富士が負けたことにより、勝っていれば、優勝決定戦となるところでした。

まあ、松鳳山が勝っていれば、日馬富士も気合が入って、もっと違う相撲が取れたのかもしれませんけどね。

とにかく日馬富士が負けたことにより、白鵬が再浮上。

結局、また白鵬の優勝か、という状況になってきました。

だけど、白鵬も鶴竜力三郎都の横綱対決に負けてしまいました。

なんだか、戦意喪失というか、終盤3連敗は、どこか悪くして、まともに相撲が取れないんじゃないかと思わせるほどです。

猫だましをしてから調子が悪くなったのかも。

すんなり日馬富士の優勝です。

負けたのにそのまま優勝が決まって、「優勝した気がしない」というのが、素直な気持ちなんでしょう。

優勝の可能性があった3人がすべて負けて、優勝決定戦もなく、たまたま単独トップの成績だった日馬富士に優勝が転がり込んできたという、盛り上がりに欠ける千秋楽になりました。

でも、長らく優勝から遠ざかっていた日馬富士の優勝でよかったと思います。
      
序盤で星を落として、今場所もダメかと思いましたが、その後よく踏ん張りました。

#2015-026
アクセス解析
web拍手 by FC2
posted by きぶん at 23:59
| 編集 | コメント管理|
| Comment(0)|| | TrackBack(0)||
| 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※入力しないとコメントは書き込まれません。
 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。