2015年11月21日

訃報・元横綱の北の湖敏満理事長

バナナくん06号

大相撲の55代横綱、北の湖敏満。
一代北の湖親方。
第9代、12代日本相撲協会理事長。
本名 小畑敏満。
2015年11月20日、直腸癌による多臓器不全のため死去。
62歳没。



私が大相撲を見はじめた1975年初場所千秋楽、

横綱北の湖の優勝はすでに決まっていましたが、結びで9勝5敗と不振の横綱輪島に敗れます。

負けたのに優勝、優勝したのに負け、

不思議な感じでした。

当時はまだ先輩横綱輪島の方が優勝回数では勝っており、その年、春場所と秋場所はいずれも大関貴ノ花に優勝決定戦で敗れ、優勝決定戦はここまで0勝4敗。ここ一番で弱いとされます。更には、名古屋場所は横綱としては屈辱の9勝6敗。

決して北の湖の強さが抜きん出ているわけではありませんでしたが、

翌1976年以降は、毎場所のように輪島と優勝争いをし、憎たらしいくらいに強くなっていきます。

優勝回数が20を超えたあたりでは、間違いなく大鵬の32回を超えるだろうと思っていましたが、現役晩年は、腰やひざの故障で休場を繰り返し、失速。

憎まれ役だった北の湖への声援は、「負けろ」から「がんばれ」に変わり、誰もが北の湖を応援するようになります。

北の湖が負けると、手を叩いて喜んでいた私も同じ。

だけど本人にしてみれば、同情されるようになって、自らの衰えを感じ、ガックリきたたと言います。
 
不甲斐ない相撲を続ける北の湖に対して見かねた相撲協会からも、引き際を考えないと、今までの功績にケチがつきかねないと、引退を勧める声が上がります。

だけど北の湖が引退しなかったのは、1985年の初場所、こけら落としとなる両国国技館の土俵にあがるという目標があり、

更には、当時、まだ2、3歳だった息子ために、息子の記憶に残る優勝をしておきたいというのもありました。

で、1984年夏場所、14場所となる優勝を全勝で飾ります。

だけどこれで復活とはならず、これが最後の優勝となり、1985年初場所、進退をかけて両国国技館の土俵に上がり、初日から連敗して引退。

両国国技館では勝つことができませんでした。

勝つことはできなかったけれど、土俵に上がることはできました。

土俵に上がることができたので、燃え尽きてしまった印象がありました。

引き際のまずさにより、見送られるんじゃないかと心配していた一代年寄も、すんなり送られることになり、北の湖親方として後進の指導にあたることになります。

大相撲中継の解説者として出てくるようになって、現役時代に解説の玉の海梅吉さんが言っていた「北の湖は人格者だ」という言葉が、ようやくわかってきました。

現役時代は、土俵上の態度も手伝って、無口でぶっきらぼうなイメージがありましたから。

早くから理事長候補と言われ、当然のように理事長になったのですが、

が、

不運にも不祥事続きの時期と重なり、対応や言動に不備があったり、弟子が大麻事件に絡んでいたこともあって辞任に追い込まれ、

理事が相撲しか知らない元力士たちのみで構成されていることが問題視され、外部から理事を招くことにつながりました。

人格者だと思っていた北の湖に対して、また戸惑うこととなりました。

だけど、4年後、史上初となる理事長再選。

様々な改革を打ち出し、大相撲人気は、若貴ブームの頃に負けないくらいに回復しました。

近頃行われている、北の湖には似合わないファンサービスなんかに関しては、

北の湖が提案したのではないような気もしますが、他の意見も取り入れる度量があったのだと思います。

で、まだまだこれからというときに、突然の訃報。

若くして亡くなる親方、元力士などが度々いて、その葬儀にはいつも北の湖の姿がありました。

「力士短命」というのは、北の湖に関しては例外のはずでした。

ただ、還暦の土俵入りのときに、途中よろける場面を見てしまったときには、「あぁ・・・」と思いましたし、最近は、場所がはじまっても公に姿を見せなかったりしたりしたのですが、

亡くなる直前も、白鵬の猫だましに苦言を呈するなど、

訃報は突然でした。     

北の湖を知る誰もが驚き、その死を惜しみました。

横綱北の湖のことも、北の湖理事長のことも悪くいう人は誰もいません。

故人の生前は美化されるという日本の風潮を差し引いても、やっぱり北の湖は人格者だったんだと思うことができたので、その点に関しては、ホッとしています。

回復した大相撲人気を、「ブーム」ではなく「日常」にしていくためにも、北の湖理事長は必要な人でした。

ご冥福をお祈りします。

#2015-026
アクセス解析
web拍手 by FC2
posted by きぶん at 23:59
| 編集 | コメント管理|
| Comment(0)|| | TrackBack(0)||
| 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※入力しないとコメントは書き込まれません。
 
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432702364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。