2015年11月17日

2015年大相撲九州場所十日目

バナナくん06号

白鵬翔が猫だまし。


栃煌山雄一郎戦で猫だまし。

「栃煌山が白鵬に猫だまし」ではなくて、「白鵬が栃煌山に猫だまし」。

しかも2発も猫だまし。

横綱なのに猫だまし。

猫だましとは、相手の目の前で両手を出して、パチンと叩いて、相手が驚いて目をつむっている間に、自分有利な態勢に持ち込もうという、

どうしても勝てない強い横綱などに対して、格下の力士などがやる、姑息(こそく)な奇襲戦法。

本来ならば、猫だましをやられる側であるはずの白鵬なのに、その白鵬が猫だまし。

勝負がついたあと、栃煌山の胸をポンとたたいて、ニンマリした白鵬。

なんだか、余裕で相撲を取っていて、遊んでいるみたいです。

お客さんも喜んでくれるとでも思ったのですかね。

やんちゃ横綱の朝青龍明徳の対抗馬として横綱になった白鵬なので、なにかと朝青龍と比較され、いいイメージのあった白鵬ですが、

ここ数年は、土俵上の所作、態度、言動などに、首をかしげることがしばしばあります。

成績だけを見れば、平成の大横綱・・・どころか、大相撲史上における大横綱なんですけどね。      

#2015-026
アクセス解析
web拍手 by FC2
posted by きぶん at 23:59
| 編集 | コメント管理|
| Comment(2)|| | TrackBack(0)||
| 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
Posted by wada at 2015年11月19日 15:55
あれだけ優勝回数を重ねた大横綱でさえの勝利への執着か、はたまた、大相撲界に対するある種のレジスタンス(?)か……。
考えすぎですかね?
Posted by きぶん at 2015年11月19日 23:56
wadeさん、コメントありがとうございます。

やればお客さんも喜んでくれるだろうと思ったのでしょう。

横綱としては、まちがいなく勘違いしていますけど。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※入力しないとコメントは書き込まれません。
 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。