2015年11月14日

2015年大相撲九州場所七日目

バナナくん06号

碧山亘右vs稀勢の里寛戦の途中、


私は思わず、

あっ

と思ったのですが、

土俵上では何も起こらず、そのまま取組は続いて、

碧山を押し切れずに、根負けした稀勢の里寛が、逆に押し出されるハメに。

だけど、物言い。

わかりやすい相撲だったのに、なぜか物言い。

土俵に上がった藤島武人審判長が、青房下の俵のところを見て、他の審判に何やら言っています。

私が

あっ

と思ったのは、

まさにそこです。

稀勢の里に押し込まれて、土俵際をまわり込んだときに、碧山の左足が土俵の外に出たように見えたのです。

でも、そのまま取組は続いたので、気のせいだったのかと思っていたら、

行司軍配は、碧山を有利と見て上げましたが、勝負の途中で碧山の足が出ており、稀勢の里の勝ちと致します

恐らく、目の前で見ていた藤島審判長が、物言いをつけたのでしょうけど、

ナゼに足が出たときに、すぐに”勝負あり”と、手を上げなかったのでしょうか。

ま、動きが早いので、出たかどうかの確信が持てないのに手を上げて相撲を止めて、もしも足が出ていなかったら、止めてしまった相撲のその後の処理に困るからなのかもしれません。

だったら、その後の展開で、稀勢の里が勝っていたら、どうしていたのでしょう。

その前に碧山の足が出ていたような気がするけど、物言いをつけようにも、軍配は稀勢の里に上がっているし、ねぇ。

例えば、稀勢の里が碧山をぶん投げていたとしても、その前に碧山の足が出ていたから、決まり手は押し出しにしないといけないので、その辺の説明は必要かと。

で、隠岐の海歩vs白鵬翔戦。

先場所は初日に対戦して、白鵬翔休場のきっかけを作ることになった一番。

白鵬不得意の左四つで寄り立てられ、あわやというところで、逆転のやぐら投げ。

だけど、軍配は隠岐の海。

そして物言い。

行司軍配は、隠岐の海を有利と見て上げましたが、隠岐の海の体が先にかえっており、軍配差し違いで白鵬の勝ちと致します

白鵬は、「行司差し違いで」という言葉を聞くまで、自分に軍配が上がっていたと思ったそうです。

不得意の左四つで寄り立てられ、白鵬ピンチかと思いきや、

向正面解説の中村親方が察ししていたとおり、先場所不得意の左四つで負けたので、

今場所はあえて意地で左四つで勝ちにいったのだそうで、より立てられても余裕があったのだそうです。

その白鵬、勝ち残りで土俵下に座ったときに、隣りにいた陣幕哲也審判に、何やら話しかけている姿が映っていました。

後で判明したのですが、

軍配の確認と、自分の足がどうだったのかの確認だったそうです。

私はってっきり、

今晩飲みに行きましょうや。あ、ダメですか。じゃあまた今度

な〜んて言っているのかと思っていました。        

#2015-026
アクセス解析
web拍手 by FC2
posted by きぶん at 23:00
| 編集 | コメント管理|
| Comment(2)|| | TrackBack(0)||
| ミノルタ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
Posted by wada at 2015年11月15日 10:56
日頃ボーッとテレビを見ている私でさえも、思わずあっと思ったくらいなので、テレビの前で多くの人々があっとおもったんじゃないでしょうか。
今場所の碧山、物言いがついては負けになっていませんか。ちょっと可哀相な気もしますが。
Posted by きぶん at 2015年11月16日 22:09
wadeさん、コメントありがとうございます。

じゃあ、きっと、藤島審判長も、あっと思ったのでしょう。

物言いがつかずに、あっと思った人たちからの抗議の電話がジャンジャン掛かってくる、というようなことにならず、良かったです。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※入力しないとコメントは書き込まれません。
 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。