2014年01月28日

訃報・永井一郎さん

バナナくん01号

声優で俳優、ナレーターの永井一郎さん。
2014年1月27日12時半頃、虚血性心疾患のため死去。82歳没。



永井一郎といえば「サザエさん」の磯野波平ですが、

磯野波平といえば永井一郎ということも言えるのです。

磯野波平=永井一郎ということで、

波平さんの声は、永井さん以外には考えられないくらいに浸透していますが、これからどうなるのでしょう。

でもそれは「サザエさん」のアニメが続く限り、いずれ直面する問題なのですけどね。

例えば、「ルパン三世」で、ルパンの声は、山田康雄さん死後は、ルパンのモノマネをしていた栗田貫一さんが受け継いでいます。

永井一郎さんの声をマネできる声優さんを起用して、できるだけ違和感をなくす、というのが考えられる最善策のようにも思えますが、

今まで「サザエさん」のキャラクターの声というのは、ときどき交代していて、違和感ありまくりだったことは、度々あるのです。

変わったことに気がつかないくらいスムーズに移行されてしまって、お見事だったのは、フグ田マスオの近石真介→増岡弘くらいかな。

だから、制作サイドは、「永井一郎さんの声に似せる」ということにはこだわらない気がしますね。

New磯野波平には違和感ありまくりだろな。

いっそのこと、コンピューターで永井さんの声を作って、というのはどうでしょうか。

現在の技術で、できそうですけど、

でもそんなことをしてしまったら、声優さんは失業してしまいます。

あと、収録済みのストックが、2月9日までしかないというのには、驚きました。

結構ギリギリだったりするのですね。

▲△

永井一郎といえば、「じゃりン子チエ」の小鉄も捨てがたいです。

「じゃりン子チエ」の舞台は大阪、登場人物のほとんどは、大阪弁。

ドラマなんかで関東人の俳優がしゃべる大阪弁は、聞くに耐えられないものがあったりしますけど、

「じゃりン子チエ」の声優さんたちの発する大阪弁というのは、妙に自然なんで、それはなんでなんだろう、関西出身の人ばかりではないだろうに、という疑問が昔からありました。

永井一郎さん演ずる、大阪弁の小鉄も完璧。

ただ、永井さんは、大阪府池田市出身なんですね。

完璧で当たり前か・・・。

▲△

アニメ以外の子ども向け番組では、「がんばれ!!ロボコン」で、ロボワル、ロボプー、ロボピンの声もあてられていたそうです。

たくさんのロボットが登場するので、ひとり一体というわけにはいかなかったのでしょうか。

ロボプーとロボピンは印象があるけど、ロボワルもだったのですね。

ただしロボワルは、他の人もあてられていたそうなので、そっちの印象が強かったのかもしれません。

▲△

とりあえず、2月2日と9日の「サザエさん」で、永井一郎版磯野波平は、見納め聞納めなので、録画してでも見ないといけませんなあ。

だけど、2月16日の「サザエさん」は、なんだか見るのが怖いです。

では改めまして、永井一郎さんの、ご冥福をお祈りいたします。



2014-30
アクセス解析
web拍手 by FC2
posted by きぶん at 23:58
| 編集 | コメント管理|
| Comment(0)|| | TrackBack(0)||
| 訃報・追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※入力しないとコメントは書き込まれません。
 
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387800316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。