2011年11月07日

訃報・鳴戸俊英親方

バナナくん01号

大相撲の59代横綱 隆の里俊英。
13代鳴戸親方。
本名 高谷俊英。
2011年11月7日午前9時51分、福岡市内の病院で急性呼吸不全のため死去。
59歳没。



糖尿病を患い、青森から一緒に上京してきた、下山勝則の若三杉壽人(のちの56代横綱若乃花幹士)には出世の面では大きく遅れました。

しかし、1980年名古屋場所、東前頭12枚目の地位で12勝3敗。

ま、幕内下位で大勝ちする力士というのは、特に珍しい訳でもなく、番付が上がった翌場所は、上位との対戦で跳ね返さえて大負け、というパターンになりがちなんですけど、

ところが、この時の隆の里は、翌秋場所、番付が上がった西前頭筆頭で更に白星を積み重ねてまさかの13勝2敗。

14勝1敗で優勝した同部屋同期生の横綱若乃花幹士に次ぐ、準優勝の成績。

俄然、存在感がでてきました。

すぐには大関とはいかなかったものの、1982年春場所新大関。

その年の秋場所で15戦全勝で初優勝。

綱取りの翌九州場所は10勝5敗と失速したものの、翌場所から11勝、12勝、13勝、14勝、15勝と、1勝ずつ上乗せしていく成績で、14勝1敗で優勝した1983年名古屋場所後に59代横綱へ。

このとき、先に横綱になっていた同部屋同期生の若乃花はすでに引退していました。

で、隆の里は、秋場所でも連続優勝となる、まさかの新横綱での全勝優勝。

ちなみにワタクシ、隆の里が大関で全勝優勝を決めた1982年秋場所千秋楽も、新横綱で全勝優勝を決めた1982年秋場所千秋楽も、どちらも日曜日ながら学校の運動会だったため、全勝優勝の瞬間は見逃しているはずです。

小学2年生から大相撲を見始めて、千秋楽の模様をテレビで見られなかったのは、初めてのことだったので、悲しかったのです。

当時のわが家にはビデオデッキなんかなかったし。

▲△

ところで、隆の里は、通算優勝回数4回ながら、連覇と全勝があるのですよ。

もっと優勝を重ねていても、連覇も全勝も一度もない力士もいますからね。

61第横綱北勝海信芳とか。

う〜ン、短期集中型というか、実に効率のいい力士です。

ただし、更にそれを上回る、通算優勝回数3回ながら、連覇と全勝がある、57代横綱三重ノ海剛司の例もあるのですけどね。

三重ノ海が連続優勝した1979年九州場所と1980年初場所は、ほとんど三重ノ海の独走状態だったので、私はこの2場所を勝手に「三重ノ海時代」と呼んでいます。

ならば、隆の里が連続優勝した1983年名古屋場所と秋場所も、「隆の里時代」と呼びたいところではあるのですけど、

この1983年名古屋場所から翌1984年初場所までは、4場所連続で、58第横綱千代の富士貢との千秋楽結びの相星決戦をやっているのですね。

なので、 「千代隆時代」と呼ばなくては仕方のないところです。

その4場所の対戦結果は、隆の里の3勝1敗。

秋場所では14戦全勝対決なんかもやっています。

千代の富士にとっては、隆の里は天敵でしたね。

隆の里の全盛期がもっと続いていたら、千代の富士が打ち立てた数々の大記録というのはどうなっていたかわかりません。

隆の里といえば、糖尿病を克服して横綱になったので「おしん横綱」と呼ばれたり、肩の筋肉が異様に盛り上がっていたところから「ポパイ」の異名があったり、

引退後間もないころ、NHKのスポーツ番組に相撲解説者として出ていて、わかり易い解説が好評だったりしましたが、

現役時代はケチで、懸賞金なんかをもらっても、付き人なんかにおごるようなことはせずに、全部貯金していた・・・な どというのも忘れられないエピソードです。

そういえば、随分昔のことではあるのですが、民放のテレビでやっていた花相撲の中継のなかで、現役力士のトーナメントの合間に、引退して親方になっている元力士同士の取り組みが行われたことがありました。

うろ覚えなのですけど、

北の湖敏満vs若乃花幹士
貴ノ花利彰vs旭国斗雄
若嶋津六夫vs朝潮太郎

といった、基本的に、現役当時によく対戦した力士との取り組みが組まれていた気がするのですが、

中に、

三重ノ海剛司vs隆の里俊英

という、微妙に時代がずれている対戦がありました。

隆の里にふさわしい相手となれば、千代の富士なんですけど、その当時、千代の富士はまだ現役でしたし、

北の湖には輪島大士をあてることができたのならば、若乃花と三重ノ海を組ませることができるのですが、輪島は不祥事を起こして相撲協会を廃業していましたし、

で、結局、余った三重ノ海と隆の里が、渋々相撲を取らなければならなくなった模様です。

もちろん私は、

「優勝回数3回と4回ながら、連覇と全勝がある力士同士の対戦」として見ていました。

ご冥福をお祈りします。



#2211
アクセス解析


このブログ記事を楽しんでいただけましたら、


web拍手 by FC2

 ↑
クリックをお願いします。
ブログ主が泣いて喜びます。

更にコメントを書いていただく場合は、
この下に記入欄があります。
 ↓

web拍手 by FC2
posted by きぶん at 21:28
| 編集 | コメント管理|
| Comment(0)|| | TrackBack(0)||
| 訃報・追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※入力しないとコメントは書き込まれません。
 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。